デザイン

白金台の新築マンション「ロイヤルシーズン白金台」HOME > デザイン
TOKYO人気スポットも縦横無尽に軽快アクセス。
住まいの普遍的価値を探求し、解を導く。

家族が本当に気持ちよく暮らすことができるマンションとは何か。たとえば、天井の高さいっぱいに大きく開口した窓の、
のびやかな開放感は外の心地よさを身近なものにします。「窓はできるだけ大きいほうが心地よい」。
このシンプルなセオリーを実現するために、マンションの構造自体からあり方を考え直し、可能性を追求しています。

外観完成予想CG

外観完成予想CG

エントランスホール完成予想CG

ルーフテラス完成予想CG

エントランス完成予想CG

時をゆっくりと積み重ねる白金台の景観と美しく調和する上質な佇まい。
静謐な住環境にあって、落ち着いた色合いを基調としたおおらかな ファサードを描きました。シンプルでありながら、その存在感を 心地よく主張する品格の邸。帰ってきたご家族をやすらぎと共に 迎え入れる穏やかな趣が、ここにはあります。

四季の移ろいを楽しむ植栽計画

移り豊かな樹木や植物を随所に配置し、四季の自然と触れ合う豊かな暮らしを叶えます。

安全性に配慮した歩車分離動線。

人と車の動線を明確に分ける計画で、敷地内での安全性確保に配慮しました。

雨風から守る平置式建物内駐車場

出入庫がスムーズな自走式。大切な愛車を雨風から守る建物内駐車場を設置しています。

<意匠設計> SUENAGAのより良い住まいづくりへのこだわりを熟知し、暮らしやすさを追求しながら具現化する。

「ロイヤルシーズン白金台」の意匠設計を担う株式会社西尾建築設計は、末長グループの 住まいづくりに長きにわたり携わっています。“一邸一邸に空と緑をつくりたい”、 “戸建住宅の陽ざしを集合住宅で浴びたい”そんなSUENAGAの想いを末長グループと二人三脚で 具現化し提供し続けてきました。この白金台という都心の地に於いても、そのスタンスは 変わることなく、快適な住まいを追求しました。

<構造設計>構造設計から考える住宅価値の本質。

新たな住まいの価値を共に創りだしていくパートナーである構造家の徐光氏(株式会社ジェーエスディー)。耐久性、耐震性、資産性という 3つの観点から構造を検証。快適に住み継いでいただくために、土地形状にも柔軟な対応ができ、より快適で個性的な住空間を 実現するプレストレスト鉄筋コンクリート構造(PRC造)を採用し、いかに柱や梁が邪魔にならない空間を提供するか、採光や通風の利を 最大限にする開口部とはどうあるべきかを探究する、住む方の視点に立った設計思想は、末長グループの住まいづくりの根幹を支えています。

圧倒的開放空間実現のための限りない挑戦
一部のコンクリート床梁内部にPC鋼線を配置するPRC構造を採用。 PC鋼線でコンクリートに圧縮力をかけ、ひび割れの発生を防いでいます。
また、PRC構造では柱を壁の中に配置することで住戸内に梁・柱が 極力出ないフラットな空間を実現しました。住戸を支える柱はラーメン構造と 同じ数を採用しているものの、ラーメン構造では配置しない、
エレベーターまわりや共用階段まわりに多くの柱を配置することで 建物全体を多点で支える、強固で安心の構造としています。

一般的な構造の室内(概念図)

PRC構造の室内(概念図)

※掲載の眺望写真は平成28年10月に撮影したものにCG加工を施したもので実際とは多少異なります。
※掲載の完成予想CGは図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。また、設置しております家具・植栽等については一部イメージが含まれております。